フランス語の必要性について

国連の公用語のうちの一つ

国際連合(通称:国連)で用いられる公用語は、英語・フランス語・ロシア語・中国語・スペイン語・アラビア語の6つです。

 

その中で国連の作業言語として使われている言語は「英語」と「フランス語」のみです。

 

さらに、フランス語はフランス、スイス、ベルギー、アフリカ諸国など29カ国で公用語とされており、世界で英語に次ぎ2番目に多くの国や地域で使用されている言語です。

 

また、フランス語は世界5大陸で使用されており、主要話者数は1億2,300万人、総話者数は2億人以上に及びます。

 

その為、将来国際的な仕事に就きたいと思っている方は、フランス語を学んでおくと役に立つと思います。

 

世界一の観光立国

フランスは、外国人観光客が毎年約8,000万人以上訪れる世界一の観光地です。

 

中でも首都のパリは年間約1,500万人の観光客が訪れ、ルーヴル美術館やエッフェル塔、凱旋門などの人気が高いです。

 

いつかフランスに旅行などで行ってみたいと思っている方は、簡単な挨拶だけでも覚えていった方が、旅行の楽しさが増すと思いますよ!

 

語学習得に関するランキング

就職情報誌マイナビウーマンが働く女性(22歳~34歳)を対象に行なった調査、「習いたい外国語ランキング」では、英語に次ぎフランス語が第2位にランクインしています。(2015年)

 

圧倒的な人気はやはり英語でしたが、フランスという国が持つ華やかなイメージや独特な響きに惹かれている方が多いようです。

 

さらに、有名な美味しいスイーツが沢山あったり、首都のパリは「ファッションの都」として有名なこともあり、フランス語を習ってフランスに行きたいという方が増えてきているようです。

 

また、格安でレッスンを受けることが出来るオンラインフランス語教室も徐々に増えてきており、今後ますますフランス語を習いたいという方が増えそうです。